低金利なキャッシング

安い金利で借りるコツ

まず、一番気になるのは金利が高さです。
お金を借りるわけですから、多かれ少なかれ金利が発生します。
この金利の比率によって総返済額にかなりの影響を与えます。
様々な金融機関の金利を単純に数字だけ見て比較するのも間違いではありませんが、実際の借入の際に適用される金利をチェックしていく必要があります。
金利は借入限度額によって変動する仕組みなので、自分が借入したい額で適用される金利で計算して比較していかなければいけません。
下限の金利ばかりに目がいってきちんとした計算ができていないと、いざ借り返済額が高い!なんてことにならないようにしましょう。
高額融資額の場合は、基本的に上限金利に近くなっているので、もし100万を超える借入額を希望しているのなら、上限金利に注目していった方が無難です。
短期のカードローンを組む時は、無利息期間のある大手の消費者金融の利用をお勧めします。
最近では銀行カードローンもサービスとして取り入れています。
新規申込、30日間と制約があるのでうまくサービスを使えば無利息で借入ができます。
続いて、審査についても比較していきましょう。
審査で一番スピーディーなのは、やはり消費者金融です。
予定外の急な出費で即日融資が必要な場合、何より求められるのは審査の早さ。
審査が遅くて融資が翌日になられては困りますよね。
最近では銀行カードローンも即日融資に対応しているところも多く、窓口以外にもネットや自動契約機と多様性に富んでいます。
カードローン審査は、消費者金融であれば最短30分と謳っている所が多く、簡易審査簡易なら5分程度で済む場合もあります。

銀行は営業時間の関係上、午前中にまで申込を済ませておかないと即日融資には対応できない場合もあります。
消費者金融のスピードには敵わないにしても、予めネットで申し込んでおいたり、工夫をすることで融資までの時間を短縮することが可能です。
「金利と審査」分かりやすくまとめていくとをこんな感じになります。

消費者金融

金利……高い
審査……早くて易しい
※限度額に制限があり、少額向き

銀行カードローン

金利……低い
審査……遅くて厳しい
※限度額に制限なし、コンビニATMなどで手数料が無料
少額短期返済なら消費者金融、高額長期返済なら銀行カードローンと使い分けするのがベストかも知れません。
自分の借入方法に一番合うカードローンを選んでいきましょう。
また無利息で借入することで、一定期間は借りた金額だけを返済すればいいので返済負担を少なくすることができます。
無利息期間のあるカードローン会社を見つけて便利にキャッシングしましょう。